群馬県高崎市・太田市の美容整形・美容外科・美容皮膚科

ピュアグラフト豊胸術

安全性と脂肪の定着率が高い
自身の脂肪を注入する豊胸術

ピュアグラフト豊胸とは

ピュアグラフト豊胸術は、ご自身の脂肪を利用する豊胸術です。 吸引した脂肪を特殊な2枚のフィルターに通し、不純物を取り除くので、高純度・高濃度の脂肪細胞の注入を可能にしました。 注入するのは自分の脂肪細胞なので、アレルギーの心配がないこと、また仕上りも自然でなめらかであるとこが最大のメリットです。

高純度の脂肪細胞は生着率も高いので、注入後に起こる、しこり(石灰化)のリスクを低減します。

また、同時に気になる部位の脂肪吸引も行うことができるので、一石二鳥。メリハリのあるボディラインを実現できます。

「ピュアグラフト」はココがスゴい!

高純度の脂肪なので生着率が高い!しこりが出来るリスクも低い!

太もも・腹部から脂肪吸引ができる!

脂肪を太もも・腹部から吸引することができます。この時点では脂肪組織には様々な不純物が含まれています。
(死活細胞・老化細胞・水分・血液など)

高純度・高品質の脂肪細胞を精製できる!

吸引後、脂肪を特殊な2枚のフィルターに通すことで、不純物を取り除き、純度の高い濃縮細胞を精製することができます。

幹細胞は残したまま注入するので生着率が高い!

幹細胞を残した濃縮脂肪細胞を注入するため、生着率が高く、しこり(石灰化)のリスクが大幅に軽減されます。

幹細胞とは、自己複製する能力と様々な細胞に分化する能力を持つ特殊な細胞です。 2つの能力により、発生や組織の再生などを担う重要な細胞であると考えられています。

他の豊胸術との比較

ピュアグラフトは、下図のように他の豊胸術と比較すると、メリットが多い、優れた豊胸術だということがわかります。

ピュアグラフトの分離技術

ピュアグラフトは細胞の選定が可能

従来の遠心分離器では、不可能だった、細胞の選定が可能に。
ピュアグラフトはまず1枚目のフィルターで血球成分や脂分、水分などを濾過し、2枚目のフィルターで透析の濾過原理を応用して、
可能な限り水分を除去し、脂肪細胞のみを残すことができます。
また、必要な幹細胞を残すことができるので、従来の脂肪注入より、はるかに生着率を高めることに成功しました。

ピュアグラフトは処理工程がシンプル!15分以内で処理が完了。

脂肪細胞は、処理に時間がかかると劣化してしまいますが、 ピュアグラフトは処理工程がシンプルなため、わずか15分という短時間で処理を完了させ、新鮮な脂肪細胞を準備することができます。

ピュアグラフトとコンデンスリッチ(CFR)との違い

コンデンス法との違いは脂肪細胞の質にあります。

ピュアグラフト

特殊なフィルターで優しく濾過し不純物を除去

元気な脂肪細胞が多く存在
不純物がほとんどない

良質な脂肪を使うため生着率が高い
不純物が少ないため、しこりのリスクが低い

コンデンス法

加重遠心分離機と重りを使い、遠心力によって分離

遠心分離と錘の圧力によって劣化した脂肪細胞
不純物も多く残っている

劣化した脂肪を使うため生着率が低い
不純物によるしこりのリスクが高い

分離後の脂肪組織

こちらは、重力分離・コンデンス法(遠心分離)・ピュアグラフトの3つの分離法の分離後の脂肪組織の状態を比較したものです。
ピュアグラフトは、他の二の方法に比べて不純物が少なく、脂肪細胞膜がしっかりした状態であることがわかります。

ピュアグラフトは油滴の残量と赤血球の残量が圧倒的に少ない!

無精製・重力分離・コンデンス法(遠心分離)・ピュアグラフトの4つの比較から、 処理後の油滴の残量と赤血球の残量(しこりや炎症の原因となる)が圧倒的に少ないことがわかります。

ピュアグラフト豊胸の特徴

  • 特徴
    01
    自分の細胞を利用した治療なので安全性が高い

  • 特徴
    02
    純度が高いので、しこりになる
    (石灰化)リスクが低い

  • 特徴
    03
    自然でなめらかな仕上がり

  • 特徴
    04
    定着した脂肪は半永久的

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ

  • 豊胸手術でバストアップはしたいけど異物を入れたくない
  • 見た目も感触も自然なバストにしたい
  • バストの左右差が気になる
  • 授乳後、しぼんでしまったバストにハリを取り戻したい

施術の流れ

  • カウンセリング・診察

    医師によるカウンセリングと診察を行います。
    施術の内容、流れ、アフターケアまでを丁寧にお話します。
    わからないことや不安なことは遠慮なくご相談ください。

  • マーキング

    ご希望のバストラインに近づけるために、注入前にマーカーでラインを引き、バストの形をデザインします。

  • 脂肪吸引

    脂肪細胞を壊さないように丁寧に脂肪を吸引します。

  • 脂肪注入

    ピュアグラフトで不純物を取り除き、高濃縮し精製された脂肪を注入します。

  • 施術後

    脂肪を吸引した部位を圧迫固定します。
    必要に応じて痛み止め薬などを処方します。
    術後についての過ごし方を説明させていただきます。

  • アフターケア

    施術後に気になることや、不安なことがございましたら、お電話・フォームよりお気軽にご相談ください。

合わせて受けたい施術

施術概要・ダウンタイム・リスク

所要時間
約2〜3時間
施術回数
術後経過
脂肪吸引部分は全体的に赤み(内出血)が出ます。約2−3週間で改善します。
通院
抜糸のため通院がございます。(1週間〜10日前後)
痛み
脂肪吸引部位は1週間ほど筋肉痛のような痛みがあります。
バストは当日痛みがありますが痛み止めで対処できますのでご安心ください。
洗顔・メイク
施術当日からできます。
アフターケア
痛みがある場合は、処方した痛み止めを服用してください。
固定を外した後は、ハイウェストガードルやニッパーの着用をおすすめします。
マッサージは必要となります。詳しくはご来院時にご説明いたします。
注意事項
シャワーは翌日から、入浴は抜糸後から可能です。

よくあるご質問

脂肪の中に残された様々な不純物が、バストの中でしこりのように固まってしまう状態です。 ピュアグラフトはそうならないために、特殊なフィルターで不純物を乗り除いた脂肪を使用しておりますのでご安心ください。

お仕事の内容にもよりますが、基本的には翌日からお仕事は可能です。激しいスポーツなどはお控えください。

1回で可能なサイズアップは2カップ程度になります。大幅なサイズアップを希望される方は、期間をあけて数回行うことになります。

個人差がありますが70%程度です。

ピュアグラフト豊胸の施術料金

ピュアグラフト豊胸【お腹より】 ¥649,000
ピュアグラフト豊胸【太ももより】 ¥748,000
  • 保険適用外の自由診療となります。
  • 価格は全て税込表示となっております。

監修医師紹介

シンシアガーデンクリニック
太田院 院長
緒方 英
おがた ふさ
  • 2002年防衛医科大学 卒業
  • 2007年東京大学医学部付属病院 形成外科
  • 2012年東京大学医学部 博士課程修了 医学博士取得
  • 2016年アメリカ国立衛生研究所研究員(皮膚癌、皮膚免疫基礎)
  • 2021年シンシアガーデンクリニック太田院院長
シンシアガーデンクリニック 高崎院 院長 泉 彰典
シンシアガーデンクリニック
高崎院 院長
泉 彰典
いずみ あきのり
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本医学脱毛学会
  • 2002年防衛医科大学校卒業
  • 2002年防衛医科大学校付属病院
  • 2008年自衛隊中央病院
  • 2010年日本形成外科学会専門医取得
  • 2016年シンシアガーデンクリニック院長就任

本ページは、所属医師の監修のもと、
2018年6月に厚生労働省より
施行された医療広告ガイドラインを遵守して
作成しております。

ページ上部へ戻る