群馬県高崎市・太田市の美容整形・美容外科・美容皮膚科

二重整形・目元整形

左右差や顔全体のバランスを考えながら
最適な施術をご提案

「目もと」について

バランスを整えることで魅力的な表情に。

人の第一印象を大きく左右する重要なパーツである「目もと」。まぶたの開き具合やたるみなどを改善することで、魅力的な表情を創りだすことが可能です。年齢に関係なく人気の二重まぶたの施術、加齢による「まぶたのたるみ」や「眼瞼下垂」など、目もとの治療は近年増加傾向にあります。当院では、豊富な経験と高度な技術で、二重から目の下のクマ、たるみなど、目のまわりのお悩みを解消する施術を提供しています。

二重整形・目元整形のこだわり

左右差と顔のバランスを考慮した自然な仕上がり

目元は顔の印象を大きく左右する部分です。 代表的な施術では二重整形があり、一般的に20代をはじめとする若い方の需要が多いと思われがちですが、30代はもとより70代まで幅広い年齢層から多くのご相談を受けております。

さらに近年、目の下のたるみとりをはじめとする目元整形のご相談も多くなってきています。
目の上や下の余分な脂肪を取り除く事で、張りのある若々しい目元になることができます。
約1時間で終わる短時間の施術で10歳くらいの若返りが可能です。

「パッチリとした二重にしたい」
「自然な二重にしたい」
「目元が疲れて見えるのを改善したい」

一人ひとりがお持ちの魅力を最大限に引き出せるよう、お顔のバランスや左右差を考慮して「あなたらしい」自然な仕上がりになるよう丁寧にカウンセリングと診療を行った上で施術を行っています。

診察で心がけていること

お客様の要望をお伺いした上で、お客様の目元の状態

  • 筋肉の動き
  • 脂肪の付き方
  • 皮膚の厚さと伸び
  • 顔の全体バランス

この4つの左右差を診察し目元の施術を行っていきます。

診察で心がけていること

二重埋没法

お客様の目元の状態を考慮した上で

  • 留め方
  • 留める位置
  • 留める数

などの最適な施術法をお伝えしお客様がご納得されてから施術を行います。

二重埋没法症例写真

二重埋没法

  • Before

  • After
施術名
二重埋没法
施術の説明
極細な二重施術専用の医療用糸をまぶたの中に2~3箇所埋め込み、二重幅を固定します。
施術の副作用(リスク)
だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じるなどを生じることがあります。
施術の価格
33,000円~165,000円

目の下のたるみ(クマ)取り

目元のたるみ治療の代表的な手術として、経結膜脱脂法、上眼瞼切開・ブロウリフト、下眼瞼切開などが挙げられます。
二重施術同様にお客様の目元や骨格の状態をみながら治療による変化をシミュレーションをし、最適な施術法をお伝え致します。

施術後のお顔が不自然な印象にならないよう

  • 目と眉の位置のバランスに不自然さが残らないか
  • 目元以外の顔のパーツとのバランスが自然になるか
  • 目を閉じた状態と開けた状態が自然になるか

等を考慮しながら、シミュレーションを行っています。

目元のバランスを考えながら、より自然な印象に近づけていけるよう細心の注意を払いながら施術を行います。

目元の注入系施術

メスを使った手術は苦手という方のために、身体への負担が少ない注入系の技術も取り揃えております。
目元専用のカクテルを用いて、クマや小じわを解消するアイコントアーや目元のボリュームが足らない部分を補填し凹みや溝を解消するヒアルロン酸注入、目元の筋肉の動きを抑え、皮膚にハリ間を出すボツリヌストキシン注射などの注入法があります。

二重整形・目元整形メニュー

  • 二重埋没法

    当院で行っている埋没法は2種類です。お客様の状態、ご希望に合わせて、「拳筋法」もしくは「瞼板法」の施術が可能です。

    二重埋没法はこちら

  • 上眼瞼切開・ブロウリフト

    加齢に伴いできる上瞼の余分な皮膚のたるみを切除する施術です。「アイリフト」とも呼ばれ若返り効果が期待できます。

    上眼瞼切開・ブロウリフトはこちら

  • 下眼瞼切開

    下瞼にある余分な脂肪や皮膚を切除し、たるみを改善する施術です。影クマの改善にも効果があります。

    下眼瞼切開はこちら

  • 目頭切開

    日本人によくある蒙古ひだをとって本来の目の大きさに戻すことで、左右の目の間を調整して目をスッキリ大きく見せる手術です。

    目頭切開はこちら

目元のエイジングケア

目もとの印象を変えて、魅力的な表情に!

年齢とともに失われていく目の下のハリや弾力。目元が若く見えるかどうかで顔全体の印象が変わってきます。目元は加齢とともに「たるみ」「くすみ」「小じわ」「まぶたのハリ不足」など様々な症状が出てきます。

それだけに「目もと」に関してお悩みを持っている方は多くいらっしゃいます。パッチリとした二重にしたい!左右のバランスを整えたい!とお悩みはもちろんのこと、近年では「まぶたのたるみ」や「眼瞼下垂」など加齢に伴うお悩みを抱えた方が増えている傾向にあります。当院では施術経験が豊富で確かな技術をもった医師が施術を担当いたします。ぜひカウンセリングにお越し下さい。

目の下のたるみ(クマ)取り

目の下のたるみ(クマ)のお悩みは年齢問わず気になるもののひとつです。
たるみ(クマ)があるだけで、疲れている・暗い・老けているといった印象を与えてしまうこともあります。
目の下のたるみ(クマ)は3つのタイプに分けることができます。
まずは、ご自身の目の下のたるみ(クマ)がどのタイプなのかを把握し、原因や施術法を理解していくことが大切です。

目の下のたるみ(クマ)取りはこのような方にオススメ

  • 目の下のクマが気になる
  • 下まぶたのたるみが目立ってきた
  • 目の下の凹みが気になる
  • 下まぶたのシワが目立ってきた
  • 目もとが老けた印象に変わってきた

目の下のたるみ(クマ)取り
あなたのクマはどれ?

目元のクマは意外と目立つので鏡を見るたびに気になることも。クマができるのは寝不足のせいだけではないのです。“黒クマ”・“茶クマ”・“青クマ”の3種類があり、できる原因と対処法はそれぞれ違います。

  • TYPE 01黒クマ(影クマ)

    黒クマ(影クマ)

    目の下のたるみによってできるクマ。
    黒クマ(影クマ)は、目の下の筋力低下、皮膚や脂肪(眼窩脂肪・頬脂肪)のたるみによって影ができてしまう状態です。
    上を向いたりするとクマが薄くなる特徴があります。

  • TYPE 02茶クマ

    茶クマ

    色素沈着が原因のクマ。
    茶クマは紫外線や乾燥、間違ったスキンケアや擦りすぎが原因で起こる皮膚の色素沈着や角質の肥厚により目の下が茶色くくすんで見える状態です。目尻を引っ張っても、上を向いても消えない特徴があります。

  • TYPE 03青クマ

    青クマ

    血行不良が原因のクマ。
    青クマは睡眠不足や疲れ、ストレスなどで血行不良が起こり、目の下の薄い皮膚から静脈のうっ滞が透けて見える状態です。
    目尻を横に引っ張るとクマが薄くなるのが特徴です。

目の下のたるみ

目もとの印象を変えて、魅力的な表情に!

加齢によって目の周りの筋肉が緩んでくると、下まぶたの膨らみが目立つようになります。若い方でも下まぶたのたるみは老け顔の原因になることもあります。

当院では、目元専用のカクテル注射や、まぶたの内側から目の下の余分な脂肪を取り除く切らない目の下の治療などがございます。

目の下のたるみに適した施術法

目の下のたるみ(クマ)取りはこのような方にオススメ

  • 目の下の凸凹によるクマが目立ってきた
  • 眼袋が大きく目立ってきた
  • セルフケアに限界を感じている
  • 高周波治療をしたけれど効果が得られなかった

上まぶたのたるみ

上まぶたは加齢によって皮膚がたるみ、目が重たい印象になっていきます。

上まぶたのたるみ取り治療は、余分な皮膚を切除してすっきりとした目元にする施術です。
上まぶたのたるみで二重が隠れていた方は、本来の二重まぶたが蘇ります。

上まぶたのたるみに適した施術

目の上のたるみ取りはこのような方にオススメ

  • 上まぶたが腫れぼったくなってきた
  • 目尻が下がってきた
  • 目が小さく見えるようになった
  • マスカラやアイラインを塗りづらい

二重まぶた

あこがれのパッチリ二重になりたい!
二重の幅を大きくハッキリ、印象的な目もとに!

年齢を問わず、最もご要望が多い施術が「二重の手術」です。

当院ではメスを使わない「切らない二重埋没法」を行っています。傷跡が残らないで自然な仕上がりを実現できる人気の施術です。

上まぶたのたるみに適した施術

あなたのなりたい二重は
「末広型」「平行型」?

二重には日本人に多い末広二重や奥二重、欧米人に多いタイプの平行型二重があります。平行型は目が大きく、華やかに見えるのが特徴で、メイク映えすると人気の二重です。平行型二重にするには目頭に被さる皮膚(蒙古ひだ)を取り除く手術が必要な場合が多くあります。

当院では、お客様一人おひとりの状態にあった施術を提案しています。

二重のイメージ

  • TYPE01奥二重

    二重の幅が狭く、二重部分がまぶたで隠れているタイプです。一重からの変化に気づかれにくいタイプの二重です。

  • TYPE02末広型

    目頭から目尻にむかって、二重の幅が末広がりになっているタイプ。日本人に一番多い二重です。

  • TYPE03平行型

    目頭から目尻まで、二重の線が平行にあるタイプです。西洋人に多く、大きく華やかな印象を与えます。

監修医師紹介

シンシアガーデンクリニック
太田院 院長
緒方 英
おがた ふさ
  • 2002年防衛医科大学 卒業
  • 2007年東京大学医学部付属病院 形成外科
  • 2012年東京大学医学部 博士課程修了 医学博士取得
  • 2016年アメリカ国立衛生研究所研究員(皮膚癌、皮膚免疫基礎)
  • 2021年シンシアガーデンクリニック太田院院長
シンシアガーデンクリニック 高崎院 院長 泉 彰典
シンシアガーデンクリニック
高崎院 院長
泉 彰典
いずみ あきのり
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本医学脱毛学会
  • 2002年防衛医科大学校卒業
  • 2002年防衛医科大学校付属病院
  • 2008年自衛隊中央病院
  • 2010年日本形成外科学会専門医取得
  • 2016年シンシアガーデンクリニック院長就任

本ページは、所属医師の監修のもと、
2018年6月に厚生労働省より
施行された医療広告ガイドラインを遵守して
作成しております。

ページ上部へ戻る