群馬県高崎市・太田市の美容整形・美容外科・美容皮膚科

ほくろ除去・電気メス
mole

取りたいほくろを、綺麗に取る。

ほくろ除去 切開法・電気メスとは?

当院では、ほくろの大きさや状態によって対応できるよう、2つのほくろ除去法をご用意しております。

①電気メスを使った「電気メス分解法」は直径5mm以下の盛り上がったほくろに対して行います。
②外科的手術による「切開法」方法は、直径5mm以上の大きなほくろに対して行います。

電気メス(電気分解法)

短時間で、ほくろを綺麗に除去。

電気分解法は、電気メスの熱を用いて短時間で綺麗にほくろを除去することができる施術です。施術後、除去した部位には少しくぼみができますが、徐々に皮膚が再生することで、平らに戻ります。その後、少し色が残りますがそれも次第に薄くなります。

切開法

大きなほくろの根元組織まで取り除くことができる

大きさが5mmを超えるほくろの除去は、外科的手術を用いた切除法で行います。ほくろの周辺を木の葉状に切開してほくろを取り除き、縫合します。深い場所にある、ほくろの根元組織まで取り除くことで、再発を予防できます。局所麻酔をしてからの施術になりますので、痛みもほとんどありません。

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ

  • 細かいほくろが沢山あってお悩みの方
  • 傷跡が目立たない仕上がりにしたい方
  • 何回も通院しないでほくろを除去したい方

ピックアップ症例写真

case01


  • Before

  • After
施術名
ほくろ除去(切開法・電気メス)
施術の説明
メスあるいは電気メスの熱を利用してほくろやいぼの表面を削り取り、ほくろの原因となっている細胞を焼灼する手術です。
施術の副作用(リスク)
腫れ・内出血・赤み・凹みなどを生じる可能性があります。
施術の価格
5,500円~55,000円

切開法・電気メスの特徴

  • 傷跡が目立たない
  • 施術費用が比較的リーズナブル
  • 短時間で切除できる
  • 麻酔をするので痛みの心配がない
  • 術後もテープ保護の上からメイクが可能
  • 切開法はホクロの取り残しがないので再発がほとんどない

ほくろ除去治療の比較

以下は、電気メスを使った「電気メス分解法」と外科的手術を用いた「切開法」のメリットどデメリットをそれぞれ比較したものです。

メリット デメリット
電気メス ・直径5mm程度の大きさなら1回の施術で切除可能。
・傷口がほとんど目立たない。
・手術にかかる時間が短い。
・比較的リーズナブルな価格設定。
・麻酔をするので施術中の痛みはない。
・テープ保護の上からお化粧ができる。
・大きなほくろを除去しようとすると陥没するケースが多くなる。
・底部に焦げが残ってしまったりする場合がある。
切除法 ・大きいほくろや深いほくろに適している。
・電気メスに比べて切開をするためほくろの取り残しがない。
・一本線の目立たない傷跡になる。
・麻酔をするので施術中の痛みはない。
・ほくろ除去1カ所なら15分くらいの施術時間で終わる。
・一旦ほくろ除去した後は再発の心配がほとんどない。
・小さなほくろには適さない。
・治療時間が長い。

施術の流れ

  • カウンセリング・診察

    医師によるカウンセリングで、状態を診察します。
    治療プランを提案し、施術の流れからアフターケアまで丁寧にご説明します。 切開法の場合は、部位を確認しマーキングを行います。

  • 麻酔注射

    局所麻酔を行います。

  • 施術

    ほくろ除去を行います。

  • 施術後

    軟膏を塗り、治療部位に保護テープを貼ります。

  • アフターケア

    施術後に気になることや、不安なことがございましたら、お電話・フォームよりお気軽にご相談ください。

合わせて受けたい施術

ほくろ除去 切開法・電気メスの施術料金

ほくろ除去 電気メス 1mm ¥5,500
切開 1cm(麻酔込) ¥55,000
切開 1mm追加 ¥5,500

オプションメニュー

局所麻酔 部分 ¥3,300
  • 保険適用外の自由診療となります。
  • 価格は全て税込表示となっております。

施術概要・ダウンタイム・リスク

所要時間
10〜30分程度
施術回数
1回
術後経過
・電気メス:2週間程、保護テープを使用。
・切開法:1~2週間後に抜糸。
通院
必要ございません。
痛み
麻酔を使用しますので、痛みはほとんどありません。(個人差があります)
洗顔・メイク
施術当日から可能。
アフターケア
紫外線対策を十分に行ってください。
注意事項

よくあるご質問

お客様のほくろやイボの大きさや高さ、状態を考慮しながら、医師とご相談の上決めていきます。

イボ除去も可能です。

局所麻酔注射を行いますので、痛みの心配はありません。

施術後、2週間程度です。日焼けに十分ご注意ください。

大きさや場所にもよりますが、経験豊富な医師が施術いたします。

患部の紫外線対策を万全に行なってください。

切開法の場合、初期は赤みと腫れが生じますが、徐々に収まり、約1年程度で細かい体線のようになります。術後1カ月~3カ月程テーピングして頂きますとよりキレイに治ります。

テーピングをした上からのメイクは当日から可能です。

切開法でほくろの根元組織まで切除すれば、ほとんど再発はありません。手術後のホームケアで再発防止もできますので、ご相談ください。

監修医師紹介

シンシアガーデンクリニック
太田院 院長
緒方 英
おがた ふさ
  • 2002年防衛医科大学 卒業
  • 2007年東京大学医学部付属病院 形成外科
  • 2012年東京大学医学部 博士課程修了 医学博士取得
  • 2016年アメリカ国立衛生研究所研究員(皮膚癌、皮膚免疫基礎)
  • 2021年シンシアガーデンクリニック太田院院長
シンシアガーデンクリニック 高崎院 院長 泉 彰典
シンシアガーデンクリニック
高崎院 院長
泉 彰典
いずみ あきのり
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本医学脱毛学会
  • 2002年防衛医科大学校卒業
  • 2002年防衛医科大学校付属病院
  • 2008年自衛隊中央病院
  • 2010年日本形成外科学会専門医取得
  • 2016年シンシアガーデンクリニック院長就任

本ページは、所属医師の監修のもと、
2018年6月に厚生労働省より
施行された医療広告ガイドラインを遵守して
作成しております。

ページ上部へ戻る