群馬県高崎市・太田市の美容整形・美容外科・美容皮膚科

小顔・フェイスライン
small face, contour

360度、どこからみても美しい輪郭へ

「顔痩せ・小顔治療」について

憧れの小顔を手に入れる。

女性が憧れる小顔。顔が大きく見えてしまう原因は、筋肉が必要以上に発達しているエラ、顔の筋肉の衰えによるたるみ、顔のむくみなど様々です。こうして大きくなった顔を小顔にするための治療法が「脂肪溶解注射」「小顔ボツリヌストキシン注射」です。
脂肪溶解注射は輪郭注射とも呼ばれており、注射で脂肪を減らしてたるみを改善する“切らないたるみ取り治療法”です。小顔ボツリヌストキシン注射は筋肉が発達しすぎたエラ張り顔を改善するのに適しています。筋肉の動きを和らげ、ほっそりとしたフェイスラインでシャープな印象に変化していきます。

治療へのこだわり

原因に合わせた治療が大切

美しい小顔は、整ったフェイスラインというのは、単に顔を小さくすれば良いというものではありません。
360度、どこからみても美しい輪郭をつくるためには、その原因と治療法をきちんと理解し施術をすることが大切です。

顔太りやフェイスラインの崩れをつくる原因

  • 脂肪・むくみ

    二重顎や体重の増加で顔が大きくなった、朝起きると顔がむくんでいる…という方は「脂肪」が原因という場合が多いです。

  • 筋肉

    ゴリゴリとエラが凝っていて張って見える、顔がホームベース型である、噛み癖や歯ぎしりでアゴの筋肉を緊張させている方は「筋肉」が原因の方が多く見受けられます。

  • たるみ

    ほうれい線が目立つ、年齢とともに頬がたるんできた…という方は「たるみ」が当てはまります。

  • フェイスラインの崩れ

    年齢による骨や筋肉・脂肪の萎縮や皮膚のたるみによりフェイスラインは崩れぼやけてきます。アゴの形や鼻筋が整うことで、フェイスラインにメリハリを出すことができます。

小顔・輪郭メニュー

  • BNLSアルティメット

    メスを使わずに、短時間で痩せにくい顔の脂肪をとることができます。 BNLSアルティメット注射の注入薬剤は植物由来の成分を主成分としているため術後の腫れや痛みなどのダウンタイムが少なく、副作用の心配もほとんどありません。

    BNLSアルティメットはこちら

  • コグメッシュ3D

    コグメッシュ3Dは韓国で高評価を得ている糸を用いたリフトアップ治療です。お肌のハリとリフトアップ効果が長期間持続します。糸は高い安全性PDO(ポリジオキサノン)と呼ばれる素材で作られており、時間の経過ととも体内で吸収されます。

    コグメッシュ3Dはこちら

  • スレッドクイーン

    痛みや腫れ、ダウンタイムもほとんどなく、短期間で回復するため、忙しい方にもおススメのリフトアップ治療です。 治療後、糸が体内に吸収された後もコラーゲンやエラスチンの生成が促進されるため、リフトアップ効果約1年持続するので、たるみの予防効果にもつながります。

    スレッドクイーンはこちら

原因によって選択する治療法が異なります。

  • Method 01脂肪が原因の場合

    脂肪がついてしまった場合には、脂肪溶解注射やBNLSアルティメットで脂肪細胞を減らす治療を選択しています。
    どの角度からみてもフェイスラインが美しくなるようデザインしながら施術を行います。

  • Method 02筋肉が原因の場合

    筋肉の発達が原因で、エラが張ってしまうことがあります。筋肉の過剰な発達を緩和するために、ボツリヌストキシン注入し、エラの張りを改善していきます。切らずにエラの張りを改善したい方にはこの方法をお勧めしております。

  • Method 03たるみが原因の場合

    リフトアップ効果の高いウルトラセルQプラスや特殊な糸によるリフトアップなど、切らないたるみ治療のご提案をしています。

  • Method 04フェイスラインの崩れが原因の場合

    美しいバランスのお顔をつくるには、パーツが整っていることも重要なポイントです。輪郭を形成しやすいヒアルロン酸を用いて、アゴの形を整えたり、鼻筋を通すことでシャープな印象を作ることが出来ます。

カスタマイズ治療で美しい輪郭へ

当院では、お顔のパーツや筋肉の付き方や歪みなどバランスを考えながら丁寧に美しい輪郭を作りあげていきます。原因の見極めもなかなか難しいため、美容に特化した専門医に是非ご相談下さい。

「小顔・フェイスライン」について

小顔を手に入れ、スッキリしたフェイスラインに!

女性なら誰もが芸能人のような小顔に憧れをもっているはず。顔が大きく見えてしまう原因は様々です。

筋肉が必要以上に発達しているためにエラがはったような印象が気になってしまう…、そのようなお悩みの方には「ボツリヌストキシン注射」をお勧めします。ボツリヌストキシン注射が発達しすぎた筋肉の動きを和らげ、ほっそりとしたフェイスラインを作り、顔全体をシャープな印象へ変えてくれます。

顔についてしまった脂肪、加齢によって生じたたるみ。これらによって顔の印象が大きく広がったように見えるというお悩みの方にはBNLSアルティメット(小顔注射)や脂肪溶解注射をお勧めします。メスを使わない注射だけの手軽な手術です。顔の脂肪やたるみをとり、スッキリとしたフェイスラインを実現します。

監修医師紹介

シンシアガーデンクリニック
太田院 院長
緒方 英
おがた ふさ
  • 2002年防衛医科大学 卒業
  • 2007年東京大学医学部付属病院 形成外科
  • 2012年東京大学医学部 博士課程修了 医学博士取得
  • 2016年アメリカ国立衛生研究所研究員(皮膚癌、皮膚免疫基礎)
  • 2021年シンシアガーデンクリニック太田院院長
シンシアガーデンクリニック 高崎院 院長 泉 彰典
シンシアガーデンクリニック
高崎院 院長
泉 彰典
いずみ あきのり
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本医学脱毛学会
  • 2002年防衛医科大学校卒業
  • 2002年防衛医科大学校付属病院
  • 2008年自衛隊中央病院
  • 2010年日本形成外科学会専門医取得
  • 2016年シンシアガーデンクリニック院長就任

本ページは、所属医師の監修のもと、
2018年6月に厚生労働省より
施行された医療広告ガイドラインを遵守して
作成しております。

ページ上部へ戻る