群馬県高崎市・太田市の美容整形・美容外科・美容皮膚科

PFC療法
pfc

自身の血液でエイジングケア

PFC療法とは

成長因子の力でエイジングケア

PFC療法は、ご自身の血液を利用してできる画期的なエイジング療法です。

もともと血液中の血小板には成長因子(グロスファクター)という、細胞を活性化させる効果のある成分が存在します。

PFC療法は、この成長因子を高濃度に濃縮し、活性化させることで作るPDGF(血小板由来成長因子)を注入し、 コラーゲン産生や毛細血管の新生などを促進し肌の若返りを図ります。

まず、ご自身の血液から成長因子を抽出。その後、濃縮し、 活性化させたオリジナル注入材(PFC)を、老化が気になる部位に注入していきます。

目元の細かいシワやほうれい線などに注入すれば、成長因子がコラーゲンやエラスチン、 ヒアルロン酸の生成を促し、肌を活性化させ、若々しい肌へと導いてくれます。

他の成長因子を用いた治療に、PRP(高濃度血小板血漿)治療がありますが、PFCは成長因子をさらに高濃度にし、 活性化できるので、PRPと比較すると同量の血液から2倍以上のPDGF(血小板由来成長因子)が含まれた注入材が生成できます。

このように、PFCは自身の血液を用いる治療なので、添加物は一切使用しないため、アレルギー反応や副作用のリスクが低いことも魅力です。 継続的なメンテナンスとして取り入れることで、一時的な若返りではなく、根本的なエイジング効果が期待できます。

このようなお悩みをお持ちの方におすすめです

  • 目の周りの小じわのお悩み
  • 目の下のくま、たるみをなくしたい
  • 目の下のむくみが気になる
  • 目の上のくぼみのお悩み
  • ハリを取り戻したい
  • 法令線を目立たなくしたい
  • 口周辺のシワが気になる
  • 首のシワが目立つ
  • 額のシワが目立つ
  • FAGAでお悩みの方

PFC療法の特徴

  • 抽出された成長因子の濃度はPRPの2倍以上
  • フリーズドライ保存で、成長因子の濃度を保ちます
  • 組織細胞の徹底した品質検査を行います
  • 品質保証書をお渡しいたします

成長因子(GF)の力を最大限に活かしたPFC療法

高濃度に濃縮し、活性化させた成長因子は、組織を修復する治癒作用と、美肌成分を生成する作用を併せ持っています。

PFCのここがすごい!

①成長因子の濃度がPRPのなんと2倍!

PRP治療と比較すると、同量の血液から、作れるPDGF(血小板由来成長因子)が2倍以上。

②自己血液由来なので、アレルギーリスクが低い

自己成分100%のPFCは無添加、防腐剤フリーなので、アレルギーや異物反応を起こすリスクが大変少ない治療法です。

③常温で半年間保存が可能

抽出したPDGF(血小板由来成長因子)は、フリーズドライ製法により約6ヶ月の保存が可能です。
そのため、期間をあけて同一部位に再び注入することもできます。
※1回の採血で6本の作成が可能です。

徹底した品質管理

バーコード管理

バーコードによる、一元管理のため取り違えの心配がありません。

無菌クリーンベンチ内で製造

製造は、複数人の検体を同時に処理することはありません。

CPC内で製造

製造はクリニック内ではなく、厚労省特定細胞加工物製造許可施設 (施設番号FA3160006)※で行います。
感染症検査(HIV抗原抗体など)、血液検査、無菌検査、など血液の安全性や適応を厳しくチェックします。
※国が認可している医療施設です

オリジナルラベルを使用

瓶やパッケージにお客様のオリジナルバーコードを記載し管理します。

品質証明書を同封

本物である品質証明書を同封します。

PFCの注入方法

加齢による、シワやくすみが出現している部位へ注入し、真皮まで届けます。

PFCの主成分、成長因子の作用で肌が活性化します。

対応部位

気になる箇所に直接PFCを注入していきます。
使用する針は極細のため、痛みは大幅に軽減され、注入後の赤みや内出血もほとんどありません。

施術の流れ

  • カウンセリング・診察

    医師によるカウンセリングを行い、お肌の状態を診察をします。
    施術の流れからアフターケアまで丁寧に説明しますので、わからないことがありましたらご相談ください。

  • 採血

    医師が診察後、治療が効果的であるかどうかを総合的に判断し、治療方針をご説明します。
    その後、お客様と相談しながら、治療スケジュールを組み立てていきます。

    当日に、採血を行います。採血量は1回50mlです。
    注入材は、採血した血液をもとに生成を行います。
    生成完成は受注日から約20日後となりますので、注入施術は別日スケジュールとなります。

  • 施術

    クレンジングをしていただきます。麻酔クリームを塗布してから施術を行います。
    ※注入施術と採血は別日となります。

  • 施術後

    そのままお帰りいただけます。

  • アフターケア

    施術後に気になることや、不安なことがございましたら、お電話・お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

合わせて受けたい施術

PFC療法の施術料金

PFC療法 ¥330,000
  • 保険適用外の自由診療となります。
  • 価格は全て税込表示となっております。

施術概要・ダウンタイム・リスク

所要時間
30分
施術回数
当院では3回の施術を推奨しています。
術後経過
個人差はありますが、注入部位に一時的な赤みや腫れ、ほてり、内出血を生じる場合がございます。
通院
1ヵ月に1回
痛み
施術時は、麻酔クリームを使用し痛みを緩和させます。
※注入による内出血、一時的な赤みや腫れ、ほてりを生じる場合がございます。
洗顔・メイク
当日から可能
アフターケア
こすったり、マッサージ等の強い刺激は避けてください。
注意事項
抽出し加工したPFC(1ml×6バイアル)の保存可能期間は6カ月間です。

万が一、血液検査時に感染症が見つかった場合、PFC治療は行えません。
(その場合も外部委託のため、採血代金として13,200円(税込)は頂くことになります。ご了承ください。)

よくあるご質問

施術時は麻酔クリームで痛みを緩和させますので心配ありません。
施術後は一時的な赤みや腫れ、ほてり、内出血を生じる方がいらっしゃいますが、数日で消滅します。

PRP治療と異なり、白血球が入っていないため、炎症がおきにくいと言われています。
ご安心ください。

個人差はありますが、月に1回の治療を3ヶ月続けていただけると、効果を実感していただけると思います。

施術後しばらくは、強い刺激や長時間の入浴、激しい運動などはお控え下さい。

監修医師紹介

シンシアガーデンクリニック
太田院 院長
緒方 英
おがた ふさ
  • 2002年防衛医科大学 卒業
  • 2007年東京大学医学部付属病院 形成外科
  • 2012年東京大学医学部 博士課程修了 医学博士取得
  • 2016年アメリカ国立衛生研究所研究員(皮膚癌、皮膚免疫基礎)
  • 2021年シンシアガーデンクリニック太田院院長
シンシアガーデンクリニック 高崎院 院長 泉 彰典
シンシアガーデンクリニック
高崎院 院長
泉 彰典
いずみ あきのり
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本医学脱毛学会
  • 2002年防衛医科大学校卒業
  • 2002年防衛医科大学校付属病院
  • 2008年自衛隊中央病院
  • 2010年日本形成外科学会専門医取得
  • 2016年シンシアガーデンクリニック院長就任

本ページは、所属医師の監修のもと、
2018年6月に厚生労働省より
施行された医療広告ガイドラインを遵守して
作成しております。

ページ上部へ戻る